危険な人工子宮の話

EA049_L
81年の初夢lそれは母親のお腹をいためることなく、体外で十カ月間、子どもをつくり育てることだろう。
試験管ベビーと同じように受精卵をつくり、それを母親の子宮へもどさずに、そのまま病院の〃人工子宮″へ入れる。
そこで着床→発育→分娩(?)といった全工程を済ませてしまうこと。両親はときおり、その進行状況をのぞきにくるだけ..::というようなことができるようになる夢だ。
「アラ、先生。そんな夢みたいな話。ウソでしょう?」
晴れ着姿で遊びにきていたZ夫人は、むしろ気色悪そうな表情でマュを寄せた。
「いや実際に、人工子宮の研究は行われてるんですよ」
私は、さりげなく、淡々と説明することにした。「ホラ、未熟児の保育器があるでしょ。あれを発展させた形のものをつくって、そこで十カ月育てようというわけですよ」
実のところ、人工胎盤だって実験的にはすでにできている。排泄機能である腎臓も、新しい血液を送りこむ心臓も、人工でつくれることは医学的に実証ずみなのである。
「あとは子宮だけど、これも羊水と同じ成分の液体を入れたピンのようなもので可能だと私は思いますね。この中へ受精卵を浸し、あとは人工栄養を特製のヘソの緒を通して送りつづけたら、
一人前に成長していくんじゃないでしょうか」
今まで付き合っていた相手はどうしても結婚を考えられなかったあなたは、結婚相談所 比較 ←こちらがお勧めです。運命のお相手と巡り合えるかもしれません。
いま現実に、受胎後六カ月の未熟児でも栄養補給して無事に成長させられるようになった。あとは中間の未解明の部分さえ研究が完成すれば夢でなくなる話である。
だが、Z夫人は顔をしかめた。

出典:結婚相談所 比較