危険な人工子宮の話

EA049_L
81年の初夢lそれは母親のお腹をいためることなく、体外で十カ月間、子どもをつくり育てることだろう。
試験管ベビーと同じように受精卵をつくり、それを母親の子宮へもどさずに、そのまま病院の〃人工子宮″へ入れる。
そこで着床→発育→分娩(?)といった全工程を済ませてしまうこと。両親はときおり、その進行状況をのぞきにくるだけ..::というようなことができるようになる夢だ。
「アラ、先生。そんな夢みたいな話。ウソでしょう?」
晴れ着姿で遊びにきていたZ夫人は、むしろ気色悪そうな表情でマュを寄せた。
「いや実際に、人工子宮の研究は行われてるんですよ」
私は、さりげなく、淡々と説明することにした。「ホラ、未熟児の保育器があるでしょ。あれを発展させた形のものをつくって、そこで十カ月育てようというわけですよ」
実のところ、人工胎盤だって実験的にはすでにできている。排泄機能である腎臓も、新しい血液を送りこむ心臓も、人工でつくれることは医学的に実証ずみなのである。
「あとは子宮だけど、これも羊水と同じ成分の液体を入れたピンのようなもので可能だと私は思いますね。この中へ受精卵を浸し、あとは人工栄養を特製のヘソの緒を通して送りつづけたら、
一人前に成長していくんじゃないでしょうか」
今まで付き合っていた相手はどうしても結婚を考えられなかったあなたは、結婚相談所 比較 ←こちらがお勧めです。運命のお相手と巡り合えるかもしれません。
いま現実に、受胎後六カ月の未熟児でも栄養補給して無事に成長させられるようになった。あとは中間の未解明の部分さえ研究が完成すれば夢でなくなる話である。
だが、Z夫人は顔をしかめた。
「先生、体はいくら楽かしれないけど、やっぱり母親にとっては自分のお腹を痛めた子じゃないと……ねえ」
まさに健康で、正常な意見である。〃日本のおかあさん″はいつまでもそうであってほしい。
「それにネ。この方法は大変危険なんです」と私はつけ加えた。
「もし途中の段階で、出来が悪そうだとか、希望の性別でないとわかったとき、捨てられる恐れがある。人命の軽視につながるんですよ」
もっと極端にいえば、受精卵は物理的にいくらでもつくれる。
これを大量生産して男性ばかりをつくり出し、戦争へ駆り立ててやろう、というような人物が国家権力をにぎったら、どういうことになるだろう。
「医学の根本原理は、人間の幸福を育てること。この初夢は危険性がありすぎるようで、ボッにしたほうがいいようですな」。
私はZ夫人の美しい晴れ着に向かって、思わず苦笑していた。

排卵誘発剤

EA048_L
L代さんの申し入れは、最初から無理な話だった。
「先生、もう面倒だから、お産はいっぺんで済ませたいんです。だから、ホラ、あの排卵誘発剤をたくさん使ってくださいな。双子でも三つ子でも、構いませんから:.…」
私は驚き、あきれ、しばらくはポカンとL代さんの無邪気な顔を眺めていたほどだ。
「それで五つ子でもできたら母体がガタガタになって、生命まで危ないですよ。子どもだって双子ならいいけど、それ以上になると生存率も低いことを知らないんですか」
そろそろ結婚を考えているあなたには、出会いがない 社会人 ←こちらをお勧めします。
あの山下家の五つ子は大きく報道され、全国民から祝福と微笑を贈られた。
だけど、それがニュースになるのは、五人全部そろって生き残るケースはめったにない、ということにほかならない。
「第一、あなたはきちんと排卵があるじゃないですか。HMG(排卵誘発剤)なんてものはネ、排卵のない婦人、とくに重症の人の治療用にしか使用しないんですよ」
これが開発されたとき、とびついたマスコミが「不妊女性に夢の薬!」などと書きたてた。
このため、L代さんのような排卵があるのに、妊娠しない女性までが焦って使ってもらいたがるようになったといえそうだ。
この薬には、いくつかの問題点もある。どの程度の量を使えばどこまできくのか、が確定していないのだ。多く使うほど効果があるという説もあるが、反対論も少なくない。
それに、過刺激症状lつまり薬を使いつづけていても全く反応を示さないくせに、あるとき突然、それこそ爆発的に卵巣が反応する、という厄介なことになっているのである。
「そんなコワイところもあるんですかァ」lL代さんは目をみはり、首をかしげ、意外や意外といった表情になった。
現在までの統計では、排卵誘発剤を使って子どもが生まれた場合、八割までが単体(ひとり)で(このことにも意味がある)、あとの二割が多胎、つまり双子以上である。
二割しかないともいえるし、二割もあるのか!と驚くこともできる。
うまく双子が生まれてくれたらいい。だが、この薬を使ったら必ず双子という保証は、どこにもない。
仮に五つ子が誕生した場合、「だれが五人もつくってくれと頼んだ!」などと、妊婦の家族から医者が恨まれることにもなりかねない。
「そりゃそうですねえ、そのうち食糧難時代もくるというし:::、生活の面倒みんならん主人にしたら、考えてみると、大変なことになりますなあ」
L代さんの無邪気な表情が、一瞬、暗くなったようにみえた。

お腹を痛めること

EA047_L
「代理ママからベビー誕生」というアメリカでの話が昨秋、新聞紙上をにぎわした。
子どものできない妻に代わって腹を貸してくれる女性を新聞広告で募集し、夫の精子をその子宮に送りこんで人工授精させ、妊娠・分娩までやってもらうという仕組み。
俗に〃借り腹(ばら) ″〃ホストマザー″などとも言う。
「いっそ、うちもアレでやってもらおうかしら」
私のところへ長期間かよっているB子さんが、ひとり言めいた口調でそう言ったのは、新聞で話題になっているころだった。
ご主人には、なんの異常もない。B子さんの卵管が詰まっているのが子どものできない原因とわかった。あとは手術しかないのだが、B子さんは決心がつきかねている。
そんな状態のときに、ふと洩らした言葉だった。
「とんでもない。バカな考えはおよしなさい」
私は即座にたしなめた。
あなたはここで→出会った人に対して、自分の理想を演じずに本当の自分をぶっちゃけられますか?
B子さんの思いつめた気持ちは、わからぬでもない。ワラにもすがる想い。あれこれと迷い悩み、心が揺れているのだろう。
B子さんは、心の迷いを恥じる表情になった。やっぱり〃日本の母″である。
だが、いかに合理主義が浸透しているアメリカでさえ〃代理ママ〃による出産には「不道徳じゃないか」と非難の声が上がっているという。
なんといっても具合の悪いのは、夫婦と〃代理ママ〃がお互いに顔みしりになってしまっていることだ。
他人の精子を人工授精する場合は、医師が精子の提供者(原則として医科大学生)を夫婦に絶対に知らせないから問題は少ない。
しかし〃代理ママ〃は夫婦が応募者と面接し、住所、氏名を確認し、報酬(十カ月間のお腹の貸し賃)も話し合って決めたりしている。
これでは、あとあとトラブルを招きかねない。あとで「私の子どもに会わせて」と、代理ママが夫婦のところへ押しかける可能性もないとはいえないのだ。
それにも増して問題なのは、十カ月間、夫婦が何の感慨もなく過ごしていることだ、と私は思う。
考えてもいただきたい。胎児が少しずつ発育し、やがて胎内で足を、ハタつかせたとき、「あっ、動い!」と妊婦は蝿き、あわて、こみあげる喜びに涙ぐみ、夫の帰りを待ちかねて報告する。
こういう新鮮な感動が、赤ちゃんへの愛情の源になるのではなかろうか。「そうですわねえ」。B子さんは思い直したようにつぶやいた。
「お腹を痛めていない子どもだという意識は、きっと私自身を責めるでしょうねえ」

不妊症は遺伝する?

EA046_L
不妊症は遺伝するI。そう思いこんでいる人は、実に多い。
先日も、カウンセリングにきたF子さんが、頭から信じこんでいますといった深刻な表情で私にこう打ち明けた。
「実は、五年たっても子どもができないので実家の母に相談したんです。そうしたら〃私も十年目に、やっとあんたを産んだんや。
あんたも遺伝体質で、きっと子ができにくいんやで″と言うんです。やっぱり私も、妊娠まであと四、五年はかかるんでしょうねえ」冗談じゃない。私は、一笑に付した。
たしかに不妊症のごく一部だが、染色体の遺伝によるものはある。また、遺伝は、その因子が表面に出るかどうかは別問題として、「なおる」というものではない。
つまり、F子さんの場合、母親が不妊症の因子を遺伝していたのなら、十年目であろうとなかろうと、F子さんを産めるはずがないのである。
「さあ、そんな根拠のない世迷いごとを並べていないで、どこに欠陥があるのか、医学的に調べてみましょうよ。妊娠できるかどうかは、それからのことですね」
F子さんは、それでもまだ遺伝説から抜けきれぬ表情で、あいまいに頷いていた。
たしかに、遺伝の相談が最近めっきりふえたのは事実である。
素敵な結婚相手を出会い系 サクラいない で、見つけても結婚後に問題は発生した場合、ここに書いてあるように意外と改善に手間がかかります。気を付けましょう。
一部の精神病や、ひどい言語障害、みつくち、白子……といった遺伝的疾患が家系にあるらしいlそんな不安から医者の門を叩く例も少なくない。
とくに、障害児を産むのではないだろうかという心配に駆られて訪れる人が多いようだ。
ひところ話題を集めた渡部昇一(上智大教授)の論法を発展させると、「抵抗力のない弱い体質のものは、人間の叡智をもって排除せよ」Iつまり自然淘汰による弱者必滅論である。
これでは、障害者や病気になるような人間は悪いんだということになる。そうなると、本来弱者を扶け、一日でもその命を永らえさせる医師など、もはや存在の意味がなくなるのではないか。
話を元にもどそう。
その病気が遺伝かどうか確かめるには、染色体を調べたり、家系を調べねばならない。産婦人科系の病気だと、相談しにこられるのは妻の側が圧倒的に多い。
そんな場合、夫側の家族の染色体を調査したり、家系を従兄弟の範囲に至るまで調べるのは、かなり困難をともなうものである。
「もう遺伝の話は結構です」
F子さんは、ふつきれた表情で言った。「今度、主人と一緒に参りますから、よく検査をお願いします」

見放すのですか

EA045_L
A子さんは、もう一年近く通院している。だが、いっこうに妊娠する気配がない。それどころか、最近はイャイャ来ているんだゾといった表情を露骨に示したりする。
「先生、私、だんだん悪うなっていくような気がしますねン」ある日、相変わらずの仏頂面でつぶやいた。待合室の空気が異様で、耐えられない、とも言う。
「そりゃ、私を信用していないからですな」「いいえ、それは、信じとりますよ」「いやあ、信じてる顔じゃないですよ」
そんなやりとりがあったあと、私はサラリと〃宣言″した。
「今後二カ月間、通院しなくてもよろしい。その間、薬も注射も一切やめましょう。あなたも基礎体温なんかつけんでよろしい。セックスも自由奔放にやったらいいですよ」
A子さんは一瞬ポカンとし、やがて青ざめ、半泣きの表情で言った。
「先生、私を見放すのですか」「とんでもない。二カ月たったら、また今までのように来てもらうんですから:.…」
患者の心理状態は一種独特である。医師に対しても、ちょっとしたことで神様にみえたり鬼か悪魔のようにうつったりするものだ。
これがA子さんのような神経質な女性、物事を素直にとろうとしないタイプになると、いくら治療をすすめても逆効果になることがある。
病院の門をくぐった途端に排卵がなくなったり、通院するほど円形脱毛症がひどくなったり:::という女性もあるほど、こうなると、A子さんなみに「悪うなっていく」気がするし、そう思っている間は本当に悪くなることさえある。
新しい出会いが結婚相談所 選び方 で、あったらここで紹介したことを気にしてみてください。
医者というものは、一人ひとりの患者の心理状態まで細かく観察しなければならない、ということだろう。
さて、病院に行かないとなれば、抑圧されていた心理状態が一気に解放される。おさえられていた頭をバツと放されるのだから、いままで滞っていた排卵が活発になる。
きかなかった注射も、″ハネ返り現象″で効果が促進される。セックスも義務的じゃなくなるから、ムード上乗。
それが、いい結果を招くことにもなるだろう。「この二カ月間のうちに妊娠した例だってあるんですよ」私が念を押すと、A子さんはニッと笑った。
一種の暗示なのだが、暗示を信じてセックスに打ちこめば、またいっそう可能性が高まろうというものだ。少なくとも、二カ月の間に、明るく、素直になった患者は珍しくないのである。

子種は熱に弱い

EA044_L
子どもができない原因は、夫にあった。検査でそれがわかった瞬間、M夫人は勝ち誇ったように言った。
「それご覧。やはり最初からあなたの体に問題があるって私が言ったでしょう。あなたがグズグズして病院へ来ないから、ムダに一年も過ぎてしまったじゃないの!」
熱心に通いつめたM夫人だけに、腹の立つ気持ちはわからないでもない。だけど、ここは夫婦で二人三脚、一日も早く治療に励まねばなるまい。
ご主人の睾丸を調べたところ、精子をつくる細胞が変性していて、射精した精液の中に、ほとんど精子がない。これでは、いくら子づくりに励んでもムダだったわけである。
「十代のころ、なにか高い熱の出る病気をしたでしょう」どこか気の弱そうなご主人は、私の質問にしばらく首をかしげていた。やがて、ふと思い当たったように答えた。
「たしかに、中学へ入ったころ、おたふく風邪を患って高熱が続き、睾丸も腫れたような記憶があります。ずいぶん長く学校を休みましたよ」
結婚前にで、相性ピッタリの相手を見つければ結婚生活の苦労はもっと減るだろう。
思春期のころ、高熱が長い間つづくような病気にかかると、睾丸がやられてしまうことがある。
結核や淋病、それにおたふく風邪のような病気でもこじらせると”たちまち大事な睾丸に悪影響を与えるということだ。
「アラ、先生。男性の場合、アソコは熱に弱いってことですか?」
万事に積極的なM夫人は、好奇心いっぱいの表情で目を光らせる。
「そうですよ」私は、ちょっと苦笑した。近ごろ、こういう女性上位の夫婦が実に多いようだ。
「若いときはネ、男はむしろアソコを冷やすように心掛けないと・・・。風呂だって、あまり熱いのや、ぬるくても長風呂なんてのは、極論すれば精力減退につながる可能性アリですからね」
いわゆる〃カラスの行水″タイプが男性に多いのは、一種の防衛本能が働いているのかもしれない。
「じゃあ、あなたも今夜から、カラスの行水を励行しなくちゃね」気の強い人は、気も早い。
だけど、ご主人の場合はまず睾丸を刺激する治療をして、なんとか精子づくりの機能を回復させることが先決だ。
といっても、ご主人のように無精子に近い場合は可能性が極めて低いことも事実である。
「いくら低くても、いいじゃありませんか。とにかく挑戦してみなくちゃ、ね」。M夫人は、ご主人のお尻をボンと叩いていた。